スキーバスの中で快適に過ごすためには

スキーツアーに参加してスキーバスを利用する際、道中を快適に過ごすためにどんなことができるでしょうか。まずどんな服装がふさわしいでしょうか。

もちろん寒い地に赴く訳ですから薄着は禁物です。

それでもバスの中の温度調節は一定に定められていますので、温度にあわせて服を脱ぎましょう。

特に長時間でのバスの移動になるためタイトなズボンは脚部を圧迫しストレスを感じますので、スキーバスを利用する際は少しゆとりのあるズボンを履いていくことをお勧めします。

次にスキーバスでの車内は空気がかなり乾燥しているため喉を痛める可能性があります。

それでのど飴やマスクなど喉を乾燥から守る対策をすることが大切です。マスクはリフトに乗っている時に吹雪いた時にも体温を保つ上で役立ちますので準備しておきましょう。

次にスキーバスで長時間移動していると同じ姿勢が続くため、腰や首が痛くなることがあります。

それで腰枕や首枕などを準備しておくなら移動が楽になりますし、仮眠も取りやすくなるでしょう。サービスエリヤでバスが止まった際には準備体操をするなど体を動かすことを意識するなら疲れを取ることができます。

さらにバスの中でどこの位置に座るかにもよりますが、エンジン近くに座ると騒音が大きいのでストレスに感じます。

それで耳栓などの外の音を遮断することができるものを準備しておくなら気持ちを楽になりますし、仮眠も十分取ることができるでしょう。

以上のことを意識するだけでもスキーバスの中を快適に過ごすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *